SPnet 近況

時計調整資料



ここは個人的な資料保存としての頁です。

「 お役に立てることがあれば 」 と公開しています。
時計調整の入門者ですから、それ以上の方に参考となるようなことは書いてありません。






2012.11.16  ソーラー・FROG MAN ・ GW 200 の二次電池交換




1. 8年間の休養で二次電池要交換


  ・今回の受診者です。

  ・CASIO の定番、FROG  MAN です。

  ・型番は GW-200 :2008.11 生産中止のタフソーラーモデルです。
    ※ メーカーカタログ

  ・8年くらい前に、その顔に惹かれて衝動入手。

  ・しかし、デジタル表示が性に合わない。
    なにより、老眼では数字が見えにくい。

  ・装着外出は2~3度。
    そのまま他のソーラーやソーラー・電波と一緒に保管ケースへ。

  ・保管ケースでは定期的に日光浴。
    充電インジケーターは今でもフル充電。

  ・今回の時計整理・ リストラ 対象になり、各機能をチェック。

  ・各機能正常作動、しかしパックライトが点灯しない。

  ・パックライトのボタンを押すと、充電表示がゼロになる。

  ・整理の可否は別にして、とにかく二次電池交換の必要あり。


2. 電池交換での注意点


電池交換自体は通常のソーラー二次電池交換と同じです。

裏蓋を開けて、電池押さえを外し、新しい電池を入れて、オールリセット。

電波時計ではないから、年月日と時刻合わせは必要ですが、何ら問題になるところはありません。


しかし、「 ちょっと苦労する点 」 ・ 「 知っていないと戸惑う点 」 があります。

それは、「 電池の外し方 」 と 「 ムーブメントのセット方法 」 です。

今回は、それらを知らないために 「 ちょっと×2 」 の苦労をしました。

まず、それらを説明してから、「 ありきたりの 二次電池交換手順 」 をまとめておきます。


なお、二次電池名称は ML 2016 ( ManO2-Li ・ 3V ) 、 入手先は スイスパビリオン、値段は899円です。



a. CASIO ・ FROGMAN ・ GW 200 の二次電池取外し方法


①ここに引っかかっているのは分かるけど‥ ②「 無理やり 」 は厳禁 ③外れたときの写真が欲しかった
・電池押さえは、白い樹脂フックに引っかかっています。 ・ 「どのように引っかかっているのか 」分からないと外せません。
・無理やり外そうとすると部品を壊してしまいます。
・いろいろ試したので、フック回りは傷だらけになりました。
・外れるとこうなります。
・これで 「 外し方 」 が分かる人もいるでしょう。


④樹脂フックは 4 の形 ⑤ 4 の先を越えればよい ⑥ これで簡単に外れます
・白い樹脂フックは横から見ると 4 の形をしています。
・この 4 の下側に電池押さえの先 ( 青平行線 ) が引っかかります。
・電池押さえは横から見ると へ の形に上が凸になっています。
・樹脂フックに引っかかるときは凸部が伸ばされて前へ出、
  引っかかると凸部が元に戻って、電池押さえをロックします。
・電池押さえの先の部分を前に押し出せば、フックから外れます。
・①フックと電池押さえ先端の隙間に目打ちを差し込む。
・②差し込んだ目打ちを前にこじる。
・これで簡単に外れます。
・電池押さえの凸部をへこませる必要はありません。
・上から見るとこうなります。
・①電池押さえ先端と白い樹脂フックの間に目打ちを差し込む。
・②差し込んだ目打ちを前 ( 先 ) にこじる。
・何事も 「 分かってしまえば簡単 」 なのです。




b. ムーブメントをケースに入れる場合の注意点



電池交換をするのにムーブメントをケースから取り外す必要はありません。

しかし、電池取外し方法が分からなくていろいろ試していると、ムーブメントが外れることがあります。
また、ムーブメントとケースの間に入っているスポンジを取り替えるときにはムーブメントを外さなければなりません。

ムーブメントのスイッチプレートとボタンの関係を知っていないと、ムーブメントをケースに入れる場合にスイッチプレートを曲げてしまう危険があります。


①Gショックの秘密は スポンジ? ②ボタンの先端がスイッチプレートを押す ③スイッチの仕組みは簡単
・ケースとムーブメントの間に少し堅いスポンジが入ります。
・このスポンジが “Gショック” なのでしょうか?少し期待外れでした。
・ムーブはこのスポンジだけでケースに留められています。
・ケースには四つのボタン、ムーブには四つのスイッチがあります。
・ボタンの先端がスイッチプレートを押すことによってスイッチON。
・ポタンを離すと、スイッチプレートが戻ってスイッチOFF。
・ボタンを押すと、①が②に接触して、スイッチON。
・ボタンを離すと、①が②から離れて、スイッチOFF。
・ボタンにはバネはありません。


④先にスポンジをケースにセットする ⑤ムーブの片側をケースに入れる ⑥四つのボタンのうち二つがセットされる
・スポンジはボタンの下を通ります。
・ムーブにスポンジをセットしてケースに入れることはできません。
・このときに、ボタン先端を精一杯短くしておくことが必要です。
・まず、ムーブの片側をケースに入れます。
・片側のボタン先端がムーブのスイッチプレートに当たることを確認。
・二つのボタン先端がスイッチプレートに当たっています。


⑦反対側のボタンはスイッチプレートの下にある ⑧スイッチプレートをボタンの先端に乗せる ⑨片側の二つのボタンもセットされる
・反対側のボタンの先端はスイッチプレートに当たっていません。
・このまま、ムーブを押し込んではいけません。
・ボタンの先端がスイッチプレートを曲げてしまいます。
・スイッチ部分を目打ちで矢印の方向に動かし、下に押し込みます。
・このようにして、ボタン先端をスイッチプレートに乗せます。
・片側の二つのボタンもスイッチプレートを押せるようになりました。
・最後にムーブメントをしっかりとケースに押し込みます。


でき上がりはこうなります。

  ・重ねて言いますが、電池交換にムーブメントを取り外す必要はありません。

  ・電池取外し方法を知っていれば、ムーブメントはケースから出てきません。

 
  ・しかし、 「 失敗や回り道は人生の浪費になるだけ 」 とは言えません。

  ・その失敗や回り道を他に伝えれば、他の者が失敗や回り道をしなくて済みます。

  ・また、新たな発見をすることもあります。

  ・今回は “Gショックの秘密” を知ってしまいました。














3. 電池交換手順


①余計なものは取外し ②裏蓋を開けるときは覚悟して ③裏蓋の下は押さえ金とゴムプレート
・ベゼルやベルトは取り外す必要はありません。
・裏蓋を開けられれば電池交換できます。
・しかし余計なものはない方が作業がらくです。
・ベゼルの星型ビスはダミー。取り外す必要はありません。
・ベゼルを本体に留めているビスは長さが 2種類。
・裏蓋は 「 インパクトレンチで締めてあるのか?」 と思うくらい堅いです。
・しっかりとしたホルダーに固定して、心して開けましょう。
・気を抜くと、オープナーを滑らせて深い傷を付けてしまいます。
・こんな傷があると、転売価格が半減します。
・ムーブメントに乗っかっているだけです。


④押さえ金とゴムプレートは二つ一緒に取り外す ⑤電池取外しは 「 差し込んで、前へこじる 」 ⑥Oリングを溝から取り出すと、二度と納まらない
・押さえ金とゴムプレートを別々にすると、組む時に迷います。
・作業はできるだけ少ない方が楽です。
・二つ一緒に外して、二つ一緒に取り付けます。
・電池取外しに戸惑わなければ、電池交換は 5分で終了。
・古い電池を取り出し新しい電池を入れ、電池押さえを押してパチン。
・古い電池は 2.066V、新しい電池は 2.820V でした。
・V数値だけではダメなようです。
・溝の中に納まっているOリングは裏蓋の圧力にさらされています。
・Oリングを溝から取り出すと、「 待ってました 」 と伸びてしまいます。
・もう二度と溝に納まりませんので要注意。
・溝内径は35.4㎜Φ。35.5×0.9~1.0 のリングを準備しましょう。


⑦オールリセット ⑧出荷時の状態に戻ります ⑨バックライトもOK
・何も書いてなければ、 「 AC端子と電池+ 」 をショート ( 通電 ) 。
・先の尖った、金属ピンセットがあると便利です。
・リセットで 表示は 「 1月1日 土曜日 」 に。
・携帯電話のカレンダーで調べてみると、2005年1月1日が土曜日。
・つまり、2005年モデル。7年と11カ月の休養でした。
・電波時計ではないから、年月日と時刻を手動合わせ。
・バックライトもOKです。



4.ソーラー発電時計は 誰のため?


現在のクォーツ時計の電源の主流はソーラー発電。

「 自然エネルギー 」 ・ 「 電池交換不要 」 ・ 「 フル充電で、〇〇年 」、メーカーカタログの宣伝文句が目を引きます。
※CITIZENのソーラーはフル充電で3.5年もちます。

しかし、ソーラーは本当に優れたシステムなのでしょうか?

今回交換したソーラー充電用電池 ( ML 2016 ) と 前回登場した “ボン付け” の クォーツ用リチウム電池 ( CR 2016 ) で比較してみましょう。

写真
名称 ML 2016 CR 2016
size 20㎜Φ×1.5㎜ 20㎜Φ×1.7㎜
電圧 3V 3V
電力持続時間 フル充電/5カ月 ・ パワーセーブ/10カ月 ※GW200 3年~10年 ※時計の電力消費量により異なる
電池寿命 10年程度 10年
使用 定期的に太陽に当てて充電必要 ※一日分=昼間の屋外で5~7分 充電不要 ・ そのまま使える
必要機構 ソーラーパネル と 充電回路 特別な機構不要
故障可能性 通常のクォーツ機構の他に、ソーラーパネル と 充電回路の故障 通常のクォーツ機構の故障だけ
時計値段 高い 安い
電池交換 10年毎 3年~10年毎
交換手段 原則メーカー ※個人でも可 メーカー ・ ホームセンター ・ 個人
電池入手 原則市販せず 市販 ( コンビニでも入手できる )
値段 889円 ※Yahooオークションショップ出品 56円 ※Yahooオークションショップ出品 ( コンビニ価格 315円 )
電池交換費用 高い 安い
電池廃棄 1個/10年 1個/10年
実は‥ 機械複雑・故障可能性高い・時計値段高い・電池交換必要・交換費用高い 機械簡単・故障可能性低い・時計値段安い・電池交換必要・交換費用安い


どこにソーラー発電の利点があるのでしょうか?

次回に紹介するKINETIC ( 自己発電機構 ) のように、時計の味が出るわけでもありません。

ユーザーは、メーカーの宣伝文句に踊らされて、取扱が不便で維持費用が高く、複雑で故障の可能性が高い時計を、高い値段で買っているのです。

ユーザーにソーラー発電時計は不要という結論になります。


少なくとも、夜間にだけ仕事をする巡回警備員や列車見張り警備員には使い物になりません。

毎朝帰宅して時計を外し、日光浴をさせなければなりません。
充分な日光浴をさせてもバックライトを連続使用すると、 “リカバーマーク ( 使い過ぎ注意 )” が点灯してパックライトが使えません。
必要なときに時刻が分からなければ、緊急事態に対処できません。
警備員には、時計値段が安く、一個65円の電池で、日光浴不要・バックライト使い放題の “ポン付けクォーツ”の方が頼りになるのです。



そんなことを考えさせられた CASIO ・ FROG MAN の二次電池交換でした。


なお、この FROG MAN は リストラリストから外され、しばらく使ってみることに。

性に合わない デジタル表示時計ですが、ぼけ防止に役立つかも知れません。


つづく。


2012.11.16


2011.03.02  時計が増殖しています

2011.03.06 XENLON を修理しました

2012.01.05  BERGEON - FINAL TEST の構造と修理

2012.01.27  XENLON スイッチ交換 - omron B3F1020 と B3F1022

2012.09.07 初めての歩度調整

2012.09.13 TECHNOS 自動巻きの歩度調整

2012.09.15  CITIZEN  SEVEN STAR  V2 の歩度調整

2012.09.27  RADO Starriner 500  の歩度調整

2012.10.01  TRESSA の歩度調整 と 測定姿勢に関する考察

2012.10.11  ソーラー時計の電池交換 と デジタル時計のリセット

2012.11.16  ソーラー・FROG MAN ・ GW 200 の二次電池交換

2012.11.23  ORIENT ・ キネティック の キャパシタ ( 二次電池 ) 交



目次にもどる    top    万引きGメン実戦教本